島田ミシン商会の公式通販サイト

  1. HOMEの中の
  2. はじめにの中の
  3. 縫い目パターンの数は価格に反映されているのか

■ 縫い目パターンの数は、価格に反映されているのか

家庭用ミシンには駆動機構から、電動ミシン、電子ミシン、コンピューターミシンに大別できます。 サイズで、コンパクトミシンとフルサイズミシンに分けることもできます。 実用縫いミシンと刺繍ミシンに分けることもできるでしょう。

ここでは家庭用ミシンを、

  • ・コンパクトミシン
  • ・電動ミシン
  • ・電子ミシン
  • ・コンピューターミシン
  • ・刺繍ミシン

の5つに分けてお話することにします。

店員:「どのようなミシンをお探しですか?」
客:「直線縫いとボタンホールが縫えれば十分です。
   プロじゃないので、いろいろ縫えなくて構わないんです。」

よくこんな感じで、おすすめのミシンがないかと聞かれます。

みなさん、刺繍機能があるようなミシン(結果的に縫い目パターンが多い)が高いことは知っています。 でも、使いもしない機能のおかげで高くなるようなミシンは欲しくありません。

ようするに「必要最小限の縫い目パターンがあればよい」ということで、「無駄に高いミシンはいらいない」のです。

しかし、縫い目パターンが少なければ安くなるのでもありません。 たとえば直線だけが縫えるミシンは、直線縫い専用の職業用ミシンであったり 学校用と呼ばれる主に家庭科の時間に使われるミシンであったりします。

職業用ミシンは直線縫いの品質を要求されますから、家庭用ミシンとは違う機構を採用しています。 縫い目パターンの数が直接価格に反映されるのであれば、むしろ高いことになります。

学校用ミシンにしても、同じミシンを組み替えているだけなのですからジグザグが縫えるミシンと大差ありません。 販売ルートが限定されていたり、生産量が限られていたりで、販売価格には反映されません。

もしあなたが「機能が限られていれば安いだろう」と単純に思い込んでいたら、失敗につながりかねません。

「この機能はいらない」と思ったとしても、今は効果的な使い方を知らないだけで 使い方を知ったら、自分にとって必要と思うかも知れません。 昔は使えない機能だったのが、今は必需品のようになっているかもしれません。

今までの価値観に囚われずに、機能や商品の実質を捉えるのが第一歩です。

家庭用ミシンについて

その他のカテゴリーへ

ショッピングページへ